Наш разговорный клуб – это компания замечательных и самых разносторонних личностей, которых объединяет желание говорить по-японски. Здесь вас всегда рады видеть.
Присоединяйтесь к нам! Если вы изучаете японский язык или просто хотите пообщаться на языке Страны восходящего солнца в непринужденной обстановке, то наш клуб как раз для вас! Приходите, мы всегда вам рады!
Наши контакты: e-mail; ВКонтакте; facebook
Телефон: +三八〇六三六二九八一六二 Саша

воскресенье, 7 мая 2017 г.

第367回の話し会(レポート)

今回の話し会森に行ってピクニックを行いました!新しい場所は最高です!やっぱりキエフで自然なところは一番です!森の中に道を5分歩いてぜんぜんうるさい都会の音を聞こえませんよ。ライラックと栗の花は盛んに咲いているだけあって、心は落ち着きます。




森の雰囲気は童話について話すことに一番ふさわしかった。日本・ウクライナ・ロシア・イギリスなど色々な民族の童話と昔話はもちろん、「指輪の物語」までもよく話し合って楽しかったです。世界中の民話や小説などは、似ていることがたくさんあっても、珍しいこともいっぱい会います。例えば、主人公の名前全然使わないということです。
ある参加する人はある意味でバイブルも、SFも、小説も童話だと述べました。ある童話は子供向けの童話ですが、子供が自分でひけないほど曖昧な結論があって、両親の方が自らにその結論を教えなければならないということについて話しました。























三時間以上に渡っていた話し会に自分の感想や、一番覚えている童話を語ったこともありました。話し会が終わったら、皆さんは母語で日本・ウクライナ民話について話し続けていました。日本の昔話によく使った古い日本語の通訳は大変難しいですです。






特別に注意された物語:
「ももたろう」
「ばたもちがえる」
「おおみそかのかめ」
「さるかにがつせん」
「かぜのかみとこどもたち」
「新しい赤ずきんの物語」
「転がり豌豆まめ」
「コロボークー」




語彙:
「転がり豌豆まめ」 ころがりえんどうまめ - "Котигорошко";
「雄猫さん」 おすねこさん - "Пан Коцький";
主人公  しゅじんこう - герой, персонаж;
英雄  えいゆう - доблесний герой;
結論 けつろん - висновок, мораль;
修身 しゅうしん - мораль, етика, моральне виховання;
共産主義 きょうさんしゅぎ - комунізм, колективізм;
とじこもっている - сидіти вдома безвилазно.

Комментариев нет:

Отправить комментарий